金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1038

投稿日:

御言葉メール1038

2020年8月9日(記:辻嵐桂子)

私たちはみな、多くの点で過ちを犯すからです。もし、ことばで過ちを犯さない人がいたら、その人はからだ全体も制御できる完全な人です。(ヤコブの手紙3章2節)

ヤコブは、舌を制御することの難しさと、それがもたらす結果の重大さ、その破壊的影響力について語っている(3~9節)。
旧約聖書もまた、同様のテーマを扱い、箴言には、舌による罪が列挙されている(10章8節、18節、12章19節等)。

主イエスは、口から出るものが人を汚しそれらは心から出て来る(マタイの福音書15章11節、18節)と言われ、また、人は、口にするあらゆる無益なことばについて、さばきの日に申し開きをしなければならない(同12章36節)とも言われた。

私は、言葉において多くの失敗を犯してきた。
不用意に発した言葉が他人を傷つけることもある。また無意識のうちに(時には故意に)他人を侮辱し、人間関係を壊してしまうこともある。
失敗に気付いた時には必死で弁解したり、時には相手に謝ることも大切だが、一度失った信頼は、簡単には取り戻せないものである。

だが、幸いにも私たちには、私たちのすべての罪を赦し、あらゆることに働いて事を治めておられるお方がいる。
私たちは神の前に悔い改め、祈ることができるのである。

言葉で過ちを犯さないためには、語ることばに注意を払うことが必要だし、時には沈黙も益かもしれない。私たちは神に知恵を求める。
しかし何より、内にある汚れこそ、神によってきよめられなければいけないと、切に思うのである。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.