金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1046

投稿日:

御言葉メール1046

2020年10月4日


神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された。(創世記1章27節)


ジェンダーニュートラルという言葉を最近耳にするようになった。
大手企業が、性別を前提とした表現を撤回したり、有名人が、その人の性別はその人自身が決めるといった発言に、多くの人が賛同し称賛している。
さらにノンバイナリー(第三の性)を自称する人たちがいる。誰も排除しない、多様性を認める、新しい価値観というわけだ。
確かに、性別による差別はあってはならないし、性的マイノリティの人たちが社会から締め出され、ことさらに人権を侵害されるのは問題である。

だが聖書は、はじめから男性と女性の区別を明確にし、それぞれの役割を主張ている。
旧約においても新約においても同性愛は、不貞や近親相姦と同様に忌むべき性関係として挙げられ(レビ記18章22節、ローマ1章27節他)、また、男らしくあること、女らしくあることをを勧める箇所も多く見られる(Ⅰコリント11 章3-16節等参照)。

もちろん、聖書の記述はその時代の背景を考慮し、解釈され、現代に適用されなければならない。
しかし、神が忌むとするものを、時代の流れがどうであろうと、私たちは受け入れることは出来ないのである。

上記の人たちから見れば、聖書の御言葉をそのまま信じ受け入れる私たちは、時代遅れで排他的な、差別主義者ということになるのかもしれない。
だが私たちはこの世代に対して、普遍の真理である神の御言葉を宣べ伝え、証ししていかなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.