金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1051

投稿日:

御言葉メール1051

2020年11月8日


「また、男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られたからです。」
第1コリント11の9


21世紀の現在に生きる私達は、男女平等は、現実にそうなっているかどうかは別にしても、あたり前の時代に生きています。このような時代に生きる私達に上記の言葉は、まさに男尊女卑としてしか聞こえないかもしれません。

1世紀のコリント(ギリシア)における教会において、女性はかぶり物をかぶって礼拝していました。このかぶり物をめぐって、パウロは神の人間創造の秩序から、男女の関係について説いていくのです。

それは、男は神の栄光を現し女は男のために造られ、男の栄光を現す者だというのです。男は神の栄光を現して神に仕えるために造られ、女はその男を助けて、男を神に仕えさせることによって、自分自身も神に仕える。

神の創造において、男と女の使命は全く違うけれども、それは優劣でも差でもなく、区別なのです。私達が神によって造られた事を知るとき、その神の前には男女関係なく一人の人間として立つのです。同じパウロは、キリストにつくものは、奴隷も自由人もなく、男も女もない、と神の前に人の差別がない事を宣言します。


現代において、信仰をもって男として女として生きる時の現われは、一人一人違います。その多様性はみことばにより、一人一人が吟味していくものではないでしょうか。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.