金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1054

投稿日:

御言葉メール1054

2020年11月28日

 

約束は、アブラハムとその子孫に告げられました。神は『子孫たちに』と言って多数を指すことなく、一人を指して『あなたの子孫に』と言っておられます。それはキリストのことです。(ガラテヤ人への手紙3章16節)

神はイスラエルの父祖アブラハムに、あなたの子孫によって、地のすべての民族は祝福を受けるようになると約束された(創世記22章18節)。
これが、イエス・キリストによる救いが、全世界に広まることを預言していると言われてきた。

先日初めて知ったのだが、民族を表すヘブライ語(ゼラ)は集合名詞であって、もともと単数形でしか使われないのだそうだ。
そうすると、単数形だからイエス・キリストを指していると教えられ、信じ込んでいたことに疑念が湧く。
だが上記の御言葉で、パウロは敢えてそれが一人の子孫を指し、イエス・キリストを指していると述べる。

主イエスは再三、旧約聖書に預言されているメシアがご自分であることを語られ、また弟子たちに、旧約聖書からご自分について書かれていることを説き明かされた(ルカの福音書24章27節)。
パウロもまた、主から啓示を受けて新約聖書を記してている。
旧約聖書を正しく読めば、論理的に、当たり前にイエス・キリストに行き着くというわけではないようだ。(そうであればいいのだが…)

キリスト教信仰というものが、使徒たちの証言の信憑性(すなわち新約聖書の信憑性)と、主イエスご自身の権威に基づくことを、改めて考えさせられた。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.