金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1062

投稿日:

御言葉メール1062

2021年1月23日

 

罪人を迷いの道から連れ戻す人は、罪人のたましいを死から救い出し、または多くの罪をおおうことになるのだと、知るべきです。(ヤコブの手紙5章20節)


救いは行いによるのでなく信仰による。その信仰も、神からの賜物である。聖書は一貫して神の恵みを主張する。


だがヤコブの手紙は、信仰の実践という側面により重点を置いている。
罪とはどういう行いを指し、信仰に生きるとは具体的にどういうことなのか、私たちに示してくれる。

この手紙は、通常の書簡に見られる結びのあいさつ文はなく、迷い出た者を真理の道に連れ戻すという、尊い行いへの奨励(19-20節)で閉じられている。

多くの罪をおおうというのが、原文では最後の言葉となっている。
罪をおおうとは、罪が赦されるということで、旧約聖書にも度々このような表現が見られる(詩篇32篇1節、85篇2節他)。
ぺテロの手紙第一4章8節では愛は多くの罪をおおうと言われている。

おおうとは被せること、また隠すことを意味する。まさにキリストの十字架は、私たちの罪を被り、おぞましい私たちの罪の姿を神から隠してくださるものであった。
慰めに満ちた結びである。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.