金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1070

投稿日:

1070

御言葉メール1070

2021年3月20日

イスラエルの子らの数は、量ることも数えることもできない海の砂のようになる。
『あなたがたはわたしの民ではない』と言われたその場所で、彼らは『生ける神の子ら』と言われる。(ホセア書1章10節)


ホセアは神の命により姦淫の女ゴメルをめとり、彼女の生んだ子はそれぞれイズレエル、ロ・ルハマ、ロ・アミンと名付けられた(2-9節)。
イズレエルとは、エフーがクーデターを起こし、前王朝のアハブ家を皆殺しにした虐殺の谷である(Ⅱ列王記10章)。
ロ・ルハマとは愛されない者の意、ロ・アミンとはわたしの民でないという意味で、これらの名は、神とイスラエルの民との関係が既に破綻していることを意味し、迫り来る神の審判を暗示するものであった。

しかし10節からは、これまでの暗い見通しとは一変し、明るい未来の希望を指し示す。
上記の御言葉は、神がイスラエルの父祖アブラハムに与えられた約束を想起させる(創世記22章17節)。

イスラエル王国もユダ王国もこの後滅びてしまうが、民族が途絶えることはなかった。イスラエルとユダは、ひとつの民族として統合され、土地を所有し、再び神の民として回復されることが約束されている(1章11節、2章16-23節)。

この旧約の民の子孫から私たちの救い主イエス・キリストがお生まれになった。
新約聖書は、この約束がユダヤ人のみならず、異邦人をも含むものと理解している(ローマ人への手紙9章24-26節参照)。

確かにイエス・キリストにあって、私たちは神の子とされた(ヨハネの福音書1章12節参照)。
神は、始めの契約を決して違えず、愛し得ない者をも愛し、ご自分の救いのご計画を遂行し、完成させてくださるお方である。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.