金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

聖書・礼拝・神様・クリスチャンについて

キリストの心を心とする 1

更新日:

キリストの心をこころとする1









 クリスチャンにとって一番大切なことは、神さまに心が向いている事です。礼拝とは、「拝む事」と礼拝論で学びました。神さまだけが最高に価値あるお方、大切にするべきお方として認める行為だといえます。ですから私たちが、神さまに心を向るのに妨げとなること全てが、キリスト者として相応しくないものです。たとえそれが自分の生活や、気分を良くするものと思われるてもです。逆に、私たちの心を神に向かわせ、神にのみに期待と信頼を向けざるをえなくするものであるならば、全てがよい事なのです。その為に、私たちの心を苦しめたり、悲しい結果を招く事であってもです。それが、私たちの心を神さまに向かわせるきっかけであったり、動機となるならば、決して惨めで、不幸な状態にいる哀れな者とは言わないのです。それが、ルカ福音書六章二〇〜二六節にある「幸い」と「哀れな者」についてのイエスの教えです。



 更にイエスは、クリスチャンの対社会的との関係について教えます。クリスチャンたちの愛の実践についてです。その業とは、①「敵を愛」する事と「憎む者に善を行な」(二七節)う事。②「のろう者を祝福し」「侮辱する者のために祈り」る事(二八節)。 ③どんな理不尽な事であっても受け入れる事(二九節)。 ④「自分にしてもらいたいと望むとおり、人にもそのように」(三一節)する事。 何故なら「自分に良いことをしてくれる者に良いことをしたからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、同じことをしてい」るからです(三三節)。つまり、愛の行為とは、物々交換か、その場限りの一時しのぎ的行為ではないのです。私たちの姿勢は、「あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。」(三六節)にまとめられます。



 イエスが言われた「あなたがたに何の良いところがあるでしょう」(三二、三三、三四)とは、「あなたがたにどんな神さまからの恵みがあるだろうか」という意味です。私たちは、本当に神さまからの「よい恵み」を頂くための働きをしたいものです。ですから、私たちが心に留めなければならなことは、人には恵みを施すだけで、人からの見返りを期待しない愛の業についてです。私たちが、この地上で既に恵みを受け(満足し)てしまわない為です。イエスは、「あなたがたの受ける報いはすばらし」い、と言われました。私たちが、このいと高きお方から受ける報いとは、「いと高き方の子どもにな」るというものです。無論、既に神の子です。ここで言われている「いと高き方の子どもになれ」るとは、神と似た性質の者になれるということです。「あわれみ深くしなさい」との勧めを実行することにおいて、憐み深い天の父に似る者とされるという報いです。神の証人とされるという報いのなのです。



 しかし、「私には無理」という心の声がします。私たちには、本当に無理なのでしょうか。私たちは、どれだけ人から受ける恵み(人の称讃、富、名声、快適な暮し・等)を手にして、神さまからの価値ある恵みを失って来たでしょうか。聖書の中には、神さまの恵みを軽くみた為に、悲惨な状態に陥った哀れな人たちがいます。例えば、一杯の食べ物と神の祝福を交換したエソウ、銀三〇シケルでイエスを裏切ったユダ等です。彼らは、罪の報酬は、死と呪いであると知りながら、世が与える一時的な恵みを愛して、滅びと裁きをその身に招

いたのでした。しかし、逆にこの世において、全く割りの会わない愛の犠牲を払われた方を知っております。その方は、罪人の身代わりとなって死なれて、復活後多くの実を結ばれたのです。そして彼は、最高の栄光を受けたのです(ピリピ二章九,十節)。

カテゴリー

-聖書・礼拝・神様・クリスチャンについて

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.