全てが神の御手の中にある

[`evernote` not found]
LINEで送る

全てが神の御手の中にある









 「私たちは彼にあって御国を受け継ぐ者ともなったのです。私たちは、みこころによりご計画のままをみな実現される方の目的に従って、このようにあらかじめ定められていたのです。」(エペソ一章十一節)



 私たちが生きている「いのちの現場=現実世界」は、様々な事柄(喜び・楽しみ・事故・災害・病・飢餓・暴力・犯罪・戦争・恨み・嫉み等)が起こります。「どうして!」と絶句してしまうほどの悲しみを味わうことが起こります。これらは、イエス・キリストを救い主と信じる信仰が与えられたクリスチャンにも起こります。その時私たちはどう理解するでしょうか。嬉しい事を神様に忠実に従っている褒美としての祝福である、と自分の功績に対する報いとするならば、逆に「このような悲しい辛いことばかりがクリスチャンである私に起こるのは、きっと神の前に不従順だったから、裁きか懲らしめまたは呪いが起こった」とすることでしょう。その方は、神の主権も力も知らないのです。そして私たちは、神の力も聖書も知らない事になるのです(ヨブ記参照)。



 聖書は、神はすべて世に起こってくる出来事をご存知だと教えています。そして私たちのうちに起こってくる全ての事は、罪を別にしてその御旨の内に初めからあったことと教えます。全ての出来事は(私たちは知りえないことばかりですが)、神の永遠のご計画(聖定)と無関係に存在することは一つないと信じます。



 これは、運命論や宿命論・偶然論や決定論とは全く違います。これらは、人格的な交わりをもたらす存在はなく、原理や法則があるだけです。そこからは、未来に対する期待や望みを持つ余地も、思いも与えられないのです。ただあるのは、起こってしまった出来事に対する厭世的な諦めしかないのです。



 神の深い永遠のご計画(聖定)とは、世界と歴史と人生の中に生きて働く無限の人格神との深い関係を教えているのです。神の御性質(全知・全能・善・義・公正・聖性・愛・憐れみ等)の富んでおられるお方との関係(人格関係)なのです。神の永遠のご計画に気まぐれはありません。そしてその御計画は、神ご自身の栄光をあらわす為のご計画なのです。そして神が、ご自身の栄光を求められるのは、利己的であり誤ったことではないのです。神は万物の創造者であり、万物は神の栄光の為に存在させられたのであり、存在しているのです。人間が他の全てのものに勝って自己自身の栄光、満足を追及するならば、それこそが利己的であり間違ったこと(原罪そのもの)なのです。私たちのうちに与えられた全てのことについて、偶発的とか偶然とかいわれるものはなく、神の栄光をあらわすべく神が用意されたものなのです。ですから、私たちにふさわしい姿勢は、全て起こってくる出来事をただ神の栄光の為になすべき事をただなすだけなのです。それが、人間存在の原点(生きるという事)です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

全てが神の御手の中にある関連ページ

Kさんのバプテスマの証
2012年10月14日に2人の女性の方がバプテスマを受けられました。その時の証です。 私が斎藤を先生とN姉妹と […]
2012年10月14日Aさんのバプテスマの証
Aさん バプテスマの時の証 「父よ。彼らを御赦しください。彼らは何をしているのか自分でわからないのです。」(ル […]
救われた証し
2011年特別伝道集会のO兄の救われた証です。 救われた証し 2011年9月25日(日) 私個人の救われた証し […]
メシヤをお迎えする備え
メシヤをお迎えする備え(マタイ3章7~12節)  バプテスマのヨハネ(ヨルダン川で悔い改めのバプテスマを授けて […]
キリストの模範に習うものとなれ
キリストの模範に習う者となれ  イエスは、幼いころヨセフ・マリヤとその家族と過ごしたナザレという町に行かれまし […]
礼拝の聖書的理解を求めて
礼拝の聖書的理解を求めて (霊とまことにおける礼拝)より参照  以前に私たちは、礼拝は人間の側からの行為ではな […]
試練と賞讃
試練と賞讃  信仰の試練は、火を通して精練されてもなお朽ちて行く金よりも尊いのであって、イエス・キリストの現わ […]
教会が教会であるとは
教会が教会であるとは  私たちが日曜の主日ごとに礼拝を捧げている神は、父・子・御霊という統一性と多様性という栄 […]
キリストの心を心とする 2
キリストの心をこころとする 2  私たちが神を礼拝するのは、この神だけが人間の礼拝を受けるにふさわしい方だから […]
神の御こころと人の思いは異なることが多い
神の御こころと人の思いは 異なることが多い  信仰告白又はキリスト教教理において聖書的であっても、実践において […]