救いの証 K・T

[`evernote` not found]
LINEで送る

救いの証し










 私が、イエス・キリストを信じるようになった時のことを証します。

私は、友達が統一協会に入ったことがきっかけで、キリスト教に導かれました。統一協会は、聖書を使って教理を教えていたので、私は友達に統一協会の間違いに気付かせたくて、聖書を学び始めました。しかし、聖書を学ぶうちに私自身が、聖書に書いてあることは真実だと信じるようになったのです。



 その時私を信仰に導いた御言葉のひとつが、コリント第一の手紙1章18節の「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。」というところです。

十字架は、イエス・キリストが十字架刑で死んだことから、キリスト教のシンボルとなり、今日で

はアクセサリーにまでなっていますが、そんなロマンチックなものではなく、十字架に、人が、釘ではりつけにされるという、残酷な処刑方法でした。そのような苛酷な死をイエス様が味わわれたのは 

、私たちの罪のあがないの為でした。神のひとり子を磔にするほどに、私たち人間は罪深く、また、神の愛も深いというのが聖書の教えでした。



 キリスト教の教えに初めてふれて、私の価値観、世界観は覆されてしまいました。それまで私は、自分が生きたいように生きればいいと強く信じていたからです。天国も地獄も、神の存在も、証明できるものではないし、各人が信じたいように信じればいいと思っていました。ひとつの宗教に凝り固まるのはナンセンスと。



 ところが、全知全能の創造者が存在する。唯一にして真の神が。その神が、私たちに生き方を問われているとしたら?審判が事実で、そして、唯一の救いが聖書にあるのだとしたら?初めは確かめたいと言う思いから、聖書の学びにのめりこんだものです。



 信仰を持ってからの16年間を振り返ると、実に様々な事がありました。孤独な時、憤った時、自分の弱さを知らされた時、いつも御言葉によって支えられてきたことを覚えます。教会という共同体が慰めとなったことも幾度もありました。また、教会を通して多くの神の業を見させられました。



 近頃一番感じているのは、夫と2歳になる娘の存在の大きさです。家族で暗証聖句を言ったり、お祈りをしたりします。私は独身生活が長かったので、こんな恵みは自分には無縁なものと思っていました。ただ神の御名をあがめます。



  金沢聖書バプテスト教会教会員 K・T

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

救いの証 K・T関連ページ

Kさんのバプテスマの証
2012年10月14日に2人の女性の方がバプテスマを受けられました。その時の証です。 私が斎藤を先生とN姉妹と […]
2012年10月14日Aさんのバプテスマの証
Aさん バプテスマの時の証 「父よ。彼らを御赦しください。彼らは何をしているのか自分でわからないのです。」(ル […]
救われた証し
2011年特別伝道集会のO兄の救われた証です。 救われた証し 2011年9月25日(日) 私個人の救われた証し […]
Yさんのバプテスマのときの証
2003年11月9日(日)礼拝後犀川でバプテスマ式が行われ、私たちの教会に一人の姉妹が加えられました。  バプ […]
Kさんのバプテスマの様子
2003年6月15日(日)礼拝後犀川でバプテスマ式が行われ、私たちの教会に一人の姉妹が加えられました。  バプ […]