御霊の実について 4

[`evernote` not found]
LINEで送る

御霊の実について 4







 御霊の実を、クリスチャンの心のうちに湧いてくる思いについて〈愛,喜び,平安〉と隣人に対しての思いについて〈寛容,親切,善意〉、また自己吟味の内容について〈誠実,柔和,自制〉と、区別して考えることがよいと思われます。ですから、御霊の実についてパウロが列挙したのは、自分と神様、自分と他の人との関り方、自己吟味のためであって、決してこれをもって他の人の信仰成長を判断する際のチェックリストにする為ではないのです。パウロは、クリスチャン生活というものが、「肉の行ない」に対して全く別の原理(御霊の原理)によることを述べているのです。ですから御霊の実は、確かにクリスチャンの内に宿られる御霊の内的働きによる実ですが、それは数量的に測定できないし、してはならないのです。



 また御霊の実は、より良い人間性を実につけるための手段であると理解されたりしてはなりません。もしそうするならば、救いが神の御前に救われるに価する為に人が好ましいとする人間性をどれだけ積んだかによって、決まる事になってしまいます。これは人間が功績を如何に積み、修行したかを判断するものとなってしまいます。それでは、一方的な恵みによる救いをいう福音理解が変わってしまいます。そして、そこには、新しい律法主義が芽生えるだけです。確かに人間的成長を願う熱心さは、ある意味で大切だろうと思います。それを否定するものではありません。



 しかしパウロは、人間によって習得されるところの人間性ではなく、御霊によって歩むことによって結ぶ、御霊の実を勧めているのです。御霊の実は、人間が栄光を得る為ではなく、神がご自身の栄光を現す為に、実際生活に結びついて結ばせてくださるものなのです。



 従って、御霊の実を結ぶことに関連して、次の点を知っておく事が大切です。



①自分自身の罪深い性質をますます知っていくようになると言う事です。内なる御霊の働きによって、クリスチャンは、信仰に成長すればするほど、安住するどころか、神の御前でいかに自分が、罪と咎とに満ちているかを知らされます。御霊の実は、私たちの人格形成において達成感と誇りを与えません。



②罪から離れる事とキリストの義とを熱心に求めるさせるという事です。クリスチャンは、神のみことばと御霊の働きによって、自分の罪を自覚させられ、罪が取り除かれ、罪から離れることができる様に願います。そして、ただキリストの義だけを唯一の救いのよりどころとします。ですから私たちは、自分自身の中にクリスチャンであるという資格を蓄える努力を求めるべきです。 

③クリスチャン生活は、聖霊の業により頼む生活という事です。全ての点において、祈り求めるものとなるという事です。そしてキリスト者が求めるべきことは、人間相互の優劣の比較で優位に立つ事ではありません。全てのクリスチャンが、祈り求めることは、キリストに似る者となることです。



④今与えられている恵みを覚えて感謝し、終末の完成を望み見るものとなるという事です。私たちは、この世に生きている限り、この世が罪の束縛の下にあるために、戦いが絶えないでしょう。しかしそのような中で、キリスト者を支えるのは、全てのものが新しくされ、完全に贖われるという確かなお約束です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御霊の実について 4関連ページ

御霊の実について 3
御霊の実について 3  新約聖書は、「喜び」と言う言葉と心の状態は、救われる人が起こされたときに用いられている […]
御霊の実について 2
御霊の実について 2  パウロは、御霊の実として九つ上げます。これらは、人との交わりにおいて現されるものです。 […]
御霊の実について 1
御霊の実について 1  聖霊なる神様が主イエス様の約束通り、十二弟子に降られた事を覚えるペンテコステ(聖霊降臨 […]