金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

たねまき1〜6

たねまき5 マインドコントロール2 エホバの証人的志向を持つ過程

更新日:

たねまき Vol.5


ワンポイントレッスン

エホバの証人へのアプローチ5

<エホバの証人がマインド・コントロールをかける方法2>

《エホバの証人的思考を持つ過程》








 エホバの証人は、第一に正体を隠し、自分たちをクリスチャンだと言います。内では、キリスト教会を大いなるバビロンといい攻撃をしますが、外では、キリスト教会のよい評判を利用します。一般の人々は明治以来、キリスト教を信頼していますし、イメージはよいです。これをエホバの証人は使います。第2は、聖書を勉強しませんか?と言います。しかし、彼らが教えるのは、聖書ではなく「知識」と言うテキストを求道者と勉強します。聖書は、参考書や辞書的に使うだけです。



 マインド・コントロールをエホバの証人が人にかける時、まず正体を隠し、次に勉強をし、次にエホバの証人の考えを受け入れるように仕向けていきます。人は、相手を受け入れたなら、相手の考えを受け入れるように仕向けていきます。例えば、エホバの証人がある婦人のところに何回か訪問しました。その婦人は、あるとき急に体調を崩し、入院することになりました。連絡を受けたエホバの証人は、すぐに病院に駆けつけ、お見舞いの花を持っていきました。そしてその日から、一週間、その婦人のご主人と子ども用に夕食を届けたのです。頼みもしないのに、はじめは迷惑と思ったけれど毎日届けられると、だんだんと「ここまでする愛の人」と思うようになりました。普通であれば、ここまでするエホバの証人を受け入れることはたやすく、さらにエホバの証人の考えを受け入れるのに時間はかかりません。人は、好まれたいと思ったら、嫌がることを言わなくなります。つまりエホバの証人やカルト集団は、マインド・コントロールをかける術を知っているのです。彼らには、120年の歴史があります。だからどんな心理学の先生のセミナーを受ける以上に、本能的に人の心をつかんで、どうやったら、人が動くかをよく知って、トレーニングをしているのです。







 ある婦人は、退院後エホバの証人との勉強を再開しました。「知識」のテキストには、下段に質問欄があり、それに答えていきますが、変な答えをしたら、エホバの証人は喜ばなくなります。何回か訪問を受けるうちに、せっかく来てもらって親しくなってきたということで、相手が好むような答えを言うようになりました。初めは、おかしいと思っていたことでも、おかしいとは言わなくなって相手が納得したり、賛成したりすることを言うようになります。これが、積み重なっていくと、マインド・コントロールにどんどんかかっていきます。そして後は、聖書の聖句によって3つの楔が打たれます。それは、おかしくても変でも、理屈がついていきますので、その人の頭のうちに(エホバの証人的な思考)構造が出来上がっていきます。マインド・コントロールとは、最終的には、知的(体系的)なものなのです。

      






カテゴリー

-たねまき1〜6

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.