御言葉メール752

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール752

2014年11月1日(記:マハー満枝)

「私は外国にいる寄留者だ」「私の父の神は私の助け」(出エジ18:3,4)

出エジプト記18章は、民がエジプトから荒野に出て、さらにシナイ山に進んで行く行程で、挿入句のような章です。しかも、とても興味深い、また教えられる事がたくさん含まれていますが、その中でモーセの息子たちに目を留めてみましょう。

モーセの息子たちについては、この箇所以降、1歴代誌23:15のレビ人のリストに名前が上げられている以外、記述がないと思います。私たちは彼らが実際どんな子どもたちであったか、わかりません。しかしここで、彼らの名前がその意味と共に記されています。ゲルショムは「私は寄留者」、エリエゼルは「私の神は助け手」という意味です。彼らの名前の中に、モーセの信仰と、自分の息子たちに対する願いが表わされているのではないでしょうか。

親は自分の子に願いや期待をもって名前をつけます。親として子どもに教えたい事は山ほどあると思いますが、クリスチャンの親として、本当に子どもに教えるべき事がこの2つの名前の意味に凝縮されていると思うのです。

1)「私は寄留者」…今生きているこの世が全てではない。本当の価値観がそれに って芽生えます。
2)「私の神は助け手」…私を造られた神がおられ、その神が私を愛し、どんな時にも助けて導いてくださる。そのお方を見上げて歩めば何も心配することがない。

私たちの子どもたち(自分の子どもだけでなく、教会の子どもたち、すべての子どもたち)がこの2つの事さえ本当に理解し、それを心に留めて生きるのなら…! 子どもたちのために祈りましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール752関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]