御言葉メール753

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール753

2014年11月8日(記:斎藤文子)

「これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。」(へブル11の13)

最近、車のラジオから、私たち夫婦が若い時に流行った歌などが流れると、その当時の事を思い出しては二人で話す事が多くなった様な気がします。年をとった事のあらわれの一つかもしれません。

平均寿命からいってもこれから歩む時間よりも、過去の時間の方が長くなってきたからです。更にこれからは、肉体的、精神的、能力的衰えという失うものがあるのに加えて、その延長に死を見つめる時間です。過去が決して楽しい事ばかりではなくても、それでも何とか生きなければ、と言うことが目標であったのに比べれば、これからの歩みはその目標が無くなったかの様に感じられてしまう時間です。

過去の思い出に耽ったり、何の楽しみも無いとつぶやいてしまう。しかし天地万物の支配者である神を我が父として生きる者には、若くても年老いていても、臨終の床にあっても、この世の人生は目標を目指して歩く旅路です。

旅の到着地は神と共にある天の御国です。私の今の願いはーなかなかその様に思えませんがー年をとればとるほど天の御国がますます確かな目標となって、地上生活において神と共にある素晴らしさを味わう事です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール753関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]