金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

751~800

御言葉メール754

投稿日:

御言葉メール754

2014年11月15日(記:辻嵐桂子)

「天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。」(マタイの福音書13章44節)

福音書にはイエスが話された多くの喩えが記されている。これはそのひとつで、持ち物全部を売り払っても手に入れるべき宝とは、福音である。ここでは、何にも勝る福音の価値が教えられている。
だがふと思うのである。私は福音の価値をどれだけ認めて生きているだろうか?

世の中にとって価値あるものは地位であったりお金であったり優れた能力であったりする。福音の価値は世には決して認められない。
しかしともするとクリスチャンも、場の雰囲気に流され、福音を証しすることを躊躇してしまう。自分にとって確かに価値あるものだが、他の人にも絶対的にそうであると言い切ることに戸惑いを感じることがある。

だが聖書には、生きている人も死んだ人も、全ての人が神の御前に、その行いに応じて裁かれる日が来ると明記されている。その時、福音ーイエス・キリストの十字架の贖いによる罪の赦しー以外に役に立つものは何もないのだ。

「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」(マタイの福音書16章26節)

カテゴリー

-751~800

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.