御言葉メール755

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール755

2014年11月22日(記:マハー満枝)

「エジプトの地を出たイスラエル人は、第三の月の新月のその日に、シナイの荒野にはいった。」(出エジプト19:1)

イスラエルの民は、このシナイの荒野で約11か月間とどまり、律法と礼拝についての指示を神様から与えられます。イスラエルが国家として立つために必要な、非常に重要な出来事でした。

それに先立って、神様の素晴らしい約束が与えられました。「あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝….祭司の王国、聖なる国民となる。」(19:5-6) アブラハム、イサク、ヤコブと結ばれた契約の故に、長年エジプトで奴隷だった民を救い出し、一つの国とし、大いなる祝福を与えようと言われたのです。

しかし、そこには条件が伴っていました。5節の前半には「今、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら」とあります。民はそれを聞いて「口をそろえて…『私たちは主が仰せられたことを、みな行ないます。』」(8節)と言うのですが、その舌の根も乾かないうちに不従順の罪を犯してしまいます。

1ペテロ2:9で、ペテロは新約時代に生きる私たちクリスチャンに向かって、「あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。」と宣言しています!ここには条件は付けられていませんが、2章の全体を見る時、「そのような者とすでにされたのだから、その神様にふさわしく歩みなさい」というメッセージが読み取れます。神様が私のような者を救って下さり、助け導いて下さる事を本当に理解して感謝する時、私たちの応答はどうあるべきでしょうか?

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール755関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]