御言葉メール757

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール757

2014年12月06日(記:辻嵐桂子)

 

「見よ。処女がみごもっている。そして男の子を生み、その名を『インマヌエル』と名づける。」(イザヤ書7章14節)

 

このイザヤ書の預言は、マリヤの処女懐妊を受けてマタイも引用し、救い主誕生の預言として有名であるが、直接的には分裂王国時代(BC740年頃)、ユダの王アハズに対して語られたメッセージであった。
当時北王国イスラエルと隣国アラムの同盟はユダ王国の脅威となった。アハズ王は、強大なアッシリヤ帝国の保護を得ようと奔走するのだった。
『インマヌエル』とは「神が私たちと共におられる」という意味で、これは、動揺する王と民に、周りの強国ではなく、全能の神にこそ依り頼むようにと与えられたメッセージであった。
処女(どういう女性を指すか諸説あるが)がみごもって男の子を産むというのは、当時としては大変ショッキングな、インパクトを持つひとつのしるしとなった。

今日私たちには、イエス・キリストの奇跡的な誕生とその全きご生涯、十字架の死と復活という、見誤ることのないしるしがお言葉と共に与えられている。
それなのに、周囲の状況が私たちに不利に思える時、困難が押し寄せて来る時、私たちは何を頼りにし、誰に期待するのか?

『インマヌエル(神が私たちと共におられる)』
神を信頼せよ。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール757関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]