御言葉メール760

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール760

2014年12月27日(記:辻嵐桂子)

「光が世に来ているのに、人々は光よりやみを愛した。その行いが悪かったからである。」(ヨハネの福音書3章19節)

キリストは人々を照らす光として世に来られた。だがその光は、人の内にあるものを明らかにし、おぞましい罪の姿を顕にした。

キリストの誕生を知らされたヘロデ王は、王位を失うのを恐れ、ベツレヘムで生まれた幼子を皆殺しにした。
当時の宗教家たちはイエスを妬み、殺害を企てた。
初めはもてはやした群衆も、イエスが期待通りのメシヤ(圧政からの解放者)でなかったことにに失望し、掌を反したようにイエスを拒んだ。
ローマの総督ピラトは暴動を恐れ、自らの立場を守るため、民衆の言いなりになってイエスを十字架につけた。

自分はどうなのか?他人を妬み、思い通りにならなければ苛立ちを覚える。人を恐れ、必死で自分の立場を守ろうとする。内側に光を当てれば、同じ様な罪の姿を見る。間違いなく、私もキリストを十字架につけた一人なのだ。
だが神は、全ての罪をイエス・キリストに負わせた。

「神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移して下さいました。この御子のうちにあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ています。」(コロサイ人への手紙1章13ー14節)

「あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。」(エペソ人への手紙5章8節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール760関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]