御言葉メール762

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール762

2015年1月10日(記:辻嵐桂子)

「その人は、水路のそばに植わった木のようだ。
時が来ると実がなり、その葉は枯れない。
その人は、何をしても栄える。」(詩篇1篇3節)

詩篇第1篇では、主に信頼する正しき者の幸いが、悪者の末路と対比されている。
「水路のそばに植わった木」とは、水路のそばに移植され木のことだそうだ。
イスラエルのような乾燥地帯では、雨季以外は大部分が砂漠となり、自然のままの草木は熱風にさらされ枯れてしまう。しかし、水路のそばに移植された木は、乾期でも水の供給を受け、青々と茂っている。神に信頼する者はこのように祝福を受ける。

私たちはしばしば逆の光景を目にする。悪者が栄え、正しい者が虐げられているのを。だが「時が来ると」それは必ず逆転する。神が全てを正しくさばかれるからだ。

私たちは移植された木と同様に、かつては神から離れ、罪のゆえに滅びるばかりの者であったが、今は恵みによって、いのちの源である神に繋ぎ合わされ、そのいのちの恩恵を受ける者とされたのだ。

「わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」(ヨハネの福音書4章14節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール762関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]