御言葉メール763

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール763

2015年1月17日 (記:斎藤文子)

「あなたは、わたしがイスラエルの人々に与えようとしている地を、はるかにながめることはできるが、その地へはいって行くことはできない。」(申命記32の52)

還暦を過ぎた私は(年齢ばかりではないかもしれませんが)、今まで何をしてきたのだろうか、などと考える事が多くなってきました。

自分の中で納得できるようなものが何もなく、全てが中途半端に思えて仕方のない時があります。神が約束された地に入るために、モーセは苦労してイスラエルを導いてきました。そのモーセに神は、あなたは約束の地に入る事はできない、と言われる。理由は、モーセがイスラエルの人々の前に神を聖なる者としなかった、という罪のためでした。

しかし約束の地に入れないからといって、モーセは神とイスラエルを恨まない。主のみ完全、真実で正しいと信じていたからです。そして、モーセの信仰を受け継いだヨシュアをリーダーとしてイスラエルは約束の地に入っていきます。ある聖書註解者がこのモーセの信仰を「捨石となって生きる恵み」といっておられました。

私達も、それぞれ与えられた人生が自分の思い通りにいかなかったとしても、その場で主に従い続ける恵みにあずかるなら、失敗や無駄、中途半端に思えたりすることでも、次のステップや次の世代のため、捨石となって生きる信仰といえるのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール763関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]