金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

751~800

御言葉メール766

投稿日:

御言葉メール766

2015年2月7日(記:辻嵐桂子)

「わが神、わが神。
どうして、私をお見捨てになったのですか。」(詩篇22篇1節)

この詩篇の作者は、「神に捨てられた」と思われるような苦しみを味わっていた。
肉体的にも極限状態で、敵に囲まれ、絶望とも言える作者の状況は、最近のニュース-テロリストに拘束され殺害された被害者-を思い起こせば私たちにも想像できるのではないか。

この詩篇は、メシアの受難を予見したものと言われるが、主イエスが十字架上で苦悩を味わわれたとき引用されたのは、まさにこの言葉であった。

しかしここに敵を呪う言葉はない。作者は嘆きの中でも神への信仰を表明し、後には神への讚美へと代わっている。
キリストは苦しみの後「完了した 」と言って息を引き取られたが、それは単に苦しみの時が終わったという意味ではなく、私たち人類の為の贖いの御業が成し遂げられ、完成したという、勝利の宣言であった。

かつて多くの聖徒が経験したように、試練に遭い、嘆きの中にいる人がいるなら、神がその嘆きを讚美へと代えて下さるということを、この詩篇を通して覚えることができますように。

「主を恐れる人々よ。主を賛美せよ。」「まことに、主は悩む者の悩みをさげすむことなく、いとうことなく、御顔を隠されもしなかった。」(詩篇22篇23、24節)

カテゴリー

-751~800

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.