御言葉メール772

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール772

2015年3月21日(記:辻嵐桂子)

「主よ。なぜ眠っておられるのですか。ー(中略)ー
なぜ御顔をお隠しになるのですか。」(詩篇44篇23節24節)

苦難に直面した時、多くの人は「なぜ?」と呟くのではないだろうか。
信仰者も時に、試練の只中で、神に向かって「なぜですか」と繰り返し叫ぶ。

この詩篇の作者も、国が危機に瀕し、耐え難い屈辱を味わっていた。
しかし、先回も述べたように、作者は神に信頼することを止めなかった。彼が拠り所としていたのは神の契約と、先祖たちに対して成された神のみわざであった。
かつての勝利が、ただ神によってもたらされたように、今の困難から自分たちを救うことができるのも、神おひとりであると知っていのたからである。
「私は私の弓にたよりません。私の剣も私を救いません。」(6節)

私たちも、私たちを救うことができる唯一のお方に、ただすがるしかない時がある。だが、頼るべき神を知っている私たちは本当に幸いである。

「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。」(ヘブル人への手紙12章2節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール772関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]