御言葉メール774

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール774

2015年4月4日(記:辻嵐桂子)

「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。」(詩篇46篇1節)

数多い詩篇のみことばの中でも特に有名なフレーズである。この告白には、神の民イスラエルが、その歴史を通して経験してきた神の豊かなお取り扱いが背景にある。

BC701年のセナケリブによるエルサレム包囲とそれからの奇跡的解放は、ことさらに顕著な出来事であったと言えよう。(Ⅱ列王記18―19章、イザヤ書36―37章参照)

歴代の王たちは敵が攻めて来ると動揺し、他国との同盟や軍事力に依り頼んだ。しかしヒゼキヤ王は預言者イザヤの助言を受け、ひたすら神に助けを求めた。
結果神は「夜明け前にこれを助けられる。」(詩篇46篇5節)とある通りに、真夜中のうちに介入し、出陣前の陣営でその敵を打ち滅ぼしたのだった。

困難や危機に遭遇すると人はあたふたし、またそれを回避するためあらゆる策を講じる。
しかし信仰者は、困難の中で、何も頼るものがないように思えても、常にそこに存在する力ある神に、救いを見出だすことができるのである。

「万軍の主はわれらとともにおられる。
ヤコブの神はわれらのとりでである。」(詩46篇7、11節約)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール774関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]