御言葉メール775

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール775

2015年4月11日(記:斎藤文子)

「しかし、サムソンの頭の毛はそり落とされてから、また伸び始めた。」(士師記16の22)

私は、自分が神や人の事ではなく、自分の事しか考えていない人間だ、とわかった時、自分にすっかり失望しました。与えられた信仰さえ疑いました。その時に上記のみことばが、繰り返し浮かんできて、私もその様にしてくださるだろうか、と思えた事が私を支えた様に思います。

サムソンは、生まれる前から神に選ばれたイスラエルの指導者でした。そのしるしが髪の毛を剃らない事でした。イスラエルを圧迫するペリシテの人々から解放するために、サムソンに与えられたのは異常な怪力です。ところがサムソンは女性に弱かった。ペリシテの女性デリラに溺れたサムソンは、自分の強さの秘密が、髪の毛を剃らない事にあると打ち明ける。しかしこれは彼の誤解でした。力の源はあくまで神です。

打ち明ける事自体が神への信頼を失っていた。サムソンはペリシテに捕えられる。しかしそこでサムソンは悔い改め神に立ち返るのです。髪も伸び始めた。ペリシテの人が集まる建物に連れていかれたサムソンは、神に祈り、建物の柱を壊し、彼とそこにいた多くのペリシテ人が死んだのです。自分の思いを押さえられないで失敗するサムソンを、神は決してそのままにされないで、悔い改める機会を与え、本来の使命に引き戻してくださる。私もその様にされた一人です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール775関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]