御言葉メール779

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール779

2015年5月16日(記:斎藤文子)

「…私は主の前に、私の心を注ぎだしていたのです。このはしためを、よこしまな女と思わないでください。私はつのる憂いといらだちのため、今まで祈っていたのです。」(第1サムエル1の15、16)

エルカナという人に二人の妻がいました。ハンナとペ二ンナ。ペ二ンナには子供があったのですが、ハンナにはいません。ハンナを憎むペ二ンナは、ハンナに嫌がらせをして、いらだたせます。

ある時ハンナの心はひどく傷み、激しく泣いて主に祈るのです。それをみていた祭司エリは彼女が酔っているのではないかと思い問いただした時に、ハンナは冒頭のように答えました。この後ハンナは、エリの言葉に慰めを受け、「彼女の顔は、もはや以前のようではなかった。」とあります。私はハンナの祈りを通して、祈る事を教えられるような気がします。

問題や辛い事がある時に私達は祈ります。その時にすぐ納得したり、答が与えられることが無い時、それでも神に期待して祈り続ける中で、心を注ぎだす祈りへと導かれる。自分の事を振り返ってみると、形式的であったり、また期待がなかったり、或る時は必死になっていたりと様々な状態があります。その中で、ただ神様が心を注ぎだす祈りへと変えて下さる。その時、ハンナの顔がもはや以前の様ではなかったように、状況が全く変わってなくても、私達自身が変えられていることに気がつくでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール779関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]