御言葉メール780

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール780

2015年5月23日(記:辻嵐桂子)

「ほむべきかな。日々、私たちのために、重荷をになわれる主。
私たちの救いであられる神。」(詩篇68篇19節)

フットプリントという有名な詩がある。砂の上に続くふたつの足跡は、主と共に歩んだ自らの人生であった。だが人生の最期の時、足跡がひとつしかないのを見て詩人は問う。「私が最も辛く悲しかった時、なぜあなたは私と共ににいてくれなかったのですか」と。
主は答えられた。「わたしは決してあなたをひとりにはしない。足跡がひとつしかなかった時、わたしはあなたを背負って歩いていた。」

主イエスは私たちのすべての罪咎を負い、十字架上で贖いの死を遂げられ、私たちは神のものとされた。
神はご自分の民を翼に載せて救い出し(出エジプト19:4)、人がその子を抱くように抱き(申命記1:31)、永遠の腕で支えて下さる(申命記33:27)。
上記の詩篇のみことばも、原文に「重荷」という語はなく、日々になわれているのは実は私たち自身とも言えるのだ。

「あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。」(イザヤ書46章4節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール780関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]