御言葉メール781

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール781

2015年5月30日(記:斎藤文子)

「もし、あなたがたが心を尽くして主に帰り・・・心を主に向け、主にのみ仕えるなら、主はあなたがたをペリシテ人の手から救い出されます。」(第1サムエル7の3)

キリスト者は心のよりどころは、何はさておき、神だと思っています。事実、そうです。しかし、自分でそう思い込んでいても、実は神以外のものを心のよりどころとしていた、ということが多くあります。

私自身、神以外のものを拠り所にしている、ということを気付かされ続けたクリスチャン生活だったような気がします。ある時は健康であったり、ある時はお金であったりする。預言者サムエルの時代、イスラエルはペリシテとの戦争で、神の臨在のしるしである「契約の箱」を奪われます。

その時、祭司ピネハスの妻は「栄光がイスラエルから去った」という名前を子どもにつけたほどの絶望に陥りました。夫も戦死し舅も死んだのです。彼女の絶望に代表される様に、イスラエルにとって、契約の箱が奪われることは、イスラエルの契約の神ヤハゥエが奪われる、というほどの意味をもっていました。契約の箱さえあれば安心だと思っていた。

しかし、そうではなかった。契約の箱に現わされる神ご自身に目を向け、神に叫び、悔い改めることこそ必要なことでした。私達の心の拠り所が、本当に神にあるかどうかを吟味し、主が私達の心の内にあるものを明らかにして下さいます様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール781関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]