御言葉メール788

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール788

2015年7月18日(記:辻嵐桂子)

「わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」(詩篇103篇2節)

詩篇の中にはしばしばこのように、「わがたましいよ」とまるで自分自身の最も深いところに語りかけるような表現が見られる。
この詩篇には、罪を赦し救って下さった神への感謝が溢れている。主は「あわれみ深く」「情け深く」「御恵みに富んだ」お方であると繰り返し強調されている。
それは、個人の救いに止まらず、繰り返し神に反逆してきたイスラエルの民に対する神のお取り扱いへの感謝と賛美になっている。

「良くしてくださったこと」とは必ずしも良い思いをしてきたことばかりではない。イスラエルの民がそうであったように、時には厳しい神のお取り扱いもある。
目をとめるべきは、なんの功しもない者を神は顧み、救い出し、恵んで下さるということである。

試練の直中にある時、神への感謝が自然と沸いてくることはなかなかないだろう。
だがこの詩篇の作者のように呼び掛けてみよう。
「わがたましいよ。」
自分が何者で、神がどのようなお方か、そして、かつて神が自分を、また神の民をどのようにお取り扱われたか、もう一度思い巡らせてみよう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール788関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]