御言葉メール789

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール789

2015年7月25日(記:斎藤文子)

あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」(第1サムエル15の23)

今回、私は第1サムエル記を読みながら、なぜ神は最初から神信仰に生きようとするダビデを選ばず、先ずサウルを選ばれたのだろうかという疑問が出てきました。イスラエルが神に直接おさめられる神権国家から人間の王をたてる王制に移行しようとする時、先ず、神は王として神に従い得ないサウルを選ばれた。

久利英二氏という方はサムエル記講解で次の様に書いておられる。「信仰的要請にこたえられなかったサウルの欠陥は、サウルだけのものではない。ごく普通の人間の持つ欠陥が、イスラエル王制という舞台の上で浮彫りにされたのである。人間の持つ罪人としての実体が、信仰の民イスラエルの王という責任ある位置において見事に描かれているのである。

後に続くイスラエルの王が、サウルの轍を踏んではならないのは勿論のこと・・・読者もサウルの悲しみに共鳴し、自分の悲しみとすることができるまで、サウルと神とのつながりの問題の核心に少しでも近づきたい。・・それだけではなくサウルの悲しみを一身に担おうとされる方に心を向けたい」

サウルの罪を自分の罪として理解する時、神に従い得ない自分の悲しみとその者をあくまでも担おうとされる方に心を留める時、私は自分の問題が解決されている事に気づきます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール789関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]