御言葉メール792

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール792

2015年8月15日(記:辻嵐桂子)

「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。」(ルカの福音書10章31節)

有名な「よきサマリヤ人のたとえ」の一節である。己の正しさを示そうとする律法の専門家に対して、「隣人を愛する」とは具体的にどう行動するのか、イエスはたとえを用いて語られた。
祭司やレビ人が自らの務めを優先し、瀕死の同胞を見捨てたのに対し、この人にあわれみをかけ助けたのは皮肉にも、ユダヤ人たちが日頃軽蔑し敵視するサマリヤ人であった。

私は、自分がこのたとえ話に出てくる祭司やレビ人と同じようなことをしているのではないかと思うことがある。通りの向こう側に倒れている瀕死の人、つまり困窮している人は世の中に大勢いるのに、それに関わろうともしないからである。
困っている人を見たら助けてあげたいし、多少の施しはするかもしれない。だが、このサマリヤ人のように、自分の財産や時間を犠牲にしてまで見ず知らずの人を助けたりはしない。最優先するのはいつでも自分の務め、自分の生活である。

イエスが言われたように、「行って隣人となる」とは容易なことではない。
ただ、私たちの贖いのため世に来られた救い主は、これを完全に実行された唯一のお方だと思う。

「『わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない。』とはどういう意味か、行って学んで来なさい。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」(マタイの福音書9章13節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール792関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]
御言葉メール790
御言葉メール790 2015年8月1日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っ […]