御言葉メール795

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール795

2015年9月5日(記:斎藤文子)

「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。」(詩篇13の1)

「うつになった聖徒たち」という本の中で、作者ブレンダ・ポインセットが引用しているレスリー・D・ウエザーヘッド氏の言葉を紹介したいと思います。

「すべての人がそうであるように、私も健康と幸福と成功に満ちた、日の光にあふれた丘にいるような経験を好みます。しかし私は、光の中にいた時よりも、恐れと失敗という暗闇の中にいたときのほうが、神についてはるかに多くのことを学ぶことができました。暗闇の中に宝が存在するのです。ありがたい事に暗闇はやがて過ぎ去ります。しかし、暗闇の中で学んだことは、永遠に失われることはないのです。」暗闇の中にある宝、と呼ばれる経験が、どれほど人に神について多くの事を学ばせることか。

私も自分の歩みを振り返る時、神について考え、教えられた事の多くは、落胆、失敗、病という暗闇を通してでした。「あなたは私を永久にお忘れになるのですか」と、神の恵みが全く感じられない中で、それでも訴えずにはおられない。

しかしこの様に訴えること自体が恵みであることを教えられる時、ドン底だと思われる所が神の恵みの御手の中だと気づける幸い。ダビデ王は暗い谷間を多く通ってきた人でしたが、「主よ。いつまでですか」と、人にではなく神に訴えることをやめなかった。詩篇はダビデの暗闇の宝を多く記しています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール795関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]
御言葉メール790
御言葉メール790 2015年8月1日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っ […]