御言葉メール796

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール796

2015年9月12日(記:辻嵐桂子)

「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。
私たちを長い間、捨てられるのですか。─
─あなたはほんとうに、私たちを退けられるのですか。
きわみまで私たちを怒られるのですか。」(哀歌5章20節、22節)

以前も述べたように哀歌は、ユダ王国がバビロンによって滅ぼされ、徹底的に破壊された都の惨状を嘆き歌われたものである。
作者はこの惨劇が、罪に対する神のさばきであることを認め悔いつつも、神に望みを置き、神への訴えを繰り返す。
神は確かに彼の訴えの通りバビロンを滅ぼし、イスラエルの民を解放された。だがそれは、何十年も後のことであった。
哀歌の最後の節である上記の言葉は、作者が未だ出口の見えない闇の中におり、悲惨な状況にあることを物語っている。

聖書は、神の義がどんなもので、罪に対する神のさばきがいかに徹底したものであるかを私たちに教えている。
しかしまた、聖書全体を見るなら、神がどれほど私たちを愛し、あわれみ深いお方であるかも教えてくれる。
私たちが罪赦され救いを得るために、イエス・キリストは私たちの代わりに十字架にかけられ、贖いとなって下さったのだ。

「主は、絶えず争ってはおられない。
いつまでも、怒ってはおられない。
私たちの罪にしたがって私たちを扱うことをせず、
私たちの咎にしたがって
私たちに報いることもしない。」(詩篇103篇9、10節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール796関連ページ

御言葉メール800
御言葉メール800 2015年10月10日(記:辻嵐桂子) 「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわ […]
御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]
御言葉メール790
御言葉メール790 2015年8月1日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っ […]