御言葉メール800

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール800

2015年10月10日(記:辻嵐桂子)

「そのうちに彼らは言うようになった。『さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。』」(創世記11章4節)

高度な技術を得た人々はやがて傲慢になり、神のみこころに反しても自分たちの威信を示そうと、巨大な塔を建設し始めた。有名な『バベルの塔』の出来事である。
神は彼らの企てを許さず、彼らの言葉を混乱させた。互いに言葉が通じなくなった人々は、地の全面に散らされていくこととなった。

今日の科学技術の発展は目を見張るものがある。新しい発見や新しい技術の開発は、これまで不可能とされていたことを可能にし、将来に大きな希望を与える。
だがその技術も正しく用いられなければ、時には誰かの利益の為に悪用され、あるいは悪意はなかったとしても、人間の不完全さの故に、想像を絶する苦難を招き起こすことがある。
歴史は常にそうであった。
人間は所詮、天に届くとの過信に欺かれ、『バベルの塔』を建設し続けているのではないだろうか?

私たちは、神が造られた世界に存在し、神が定められた境界の中に生きている。たとえ何を得ても謙虚になって、神の御言葉に耳を傾け続けることを忘れてはいけない。

「ここまでは来てもよい。しかし、これ以上はいけない。あなたの高ぶる波はここでとどまれ。」(ヨブ記38章11節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール800関連ページ

御言葉メール799
御言葉メール798 2015年10月3日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなっ […]
御言葉メール798
御言葉メール798 2015年9月26日(記:辻嵐桂子) 「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持た […]
御言葉メール797
御言葉メール797 2015年9月19日(記:斎藤文子) 「ダビデは、主の前で、力の限り踊った。」(第2サムエ […]
御言葉メール796
御言葉メール796 2015年9月12日(記:辻嵐桂子) 「なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。 […]
御言葉メール795
御言葉メール795 2015年9月5日(記:斎藤文子) 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになる […]
御言葉メール794
御言葉メール794 2015年8月29日(記:辻嵐桂子) 「自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。 主は […]
御言葉メール793
御言葉メール793 2015年8月22日(記:斎藤文子) 「しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った」(1 […]
御言葉メール792
御言葉メール792 2015年8月15日(記:辻嵐桂子) 「たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を […]
御言葉メール791
御言葉メール791 2015年8月8日(き:斎藤文子) 「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対 […]
御言葉メール790
御言葉メール790 2015年8月1日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っ […]