御言葉メール803

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール803

2015年10月31日(記:斎藤文子)

「私は、このようなことをして、大きな罪を犯しました。・・・私はほんとうに愚かなことをしました。」(第2サムエル24の10)

日本で最近国勢調査が行われました。国の人口数は、その国の力であり、あらゆる政策の基盤です。神はダビデ王の時代、イスラエルとユダの人口を数えよといわれた。しかしダビデは人口調査の後、良心の咎めを感じ、「私はこの様なことをして大きな罪を犯しました」と言って悔い改めるのです。

神の命令で始めた事で、どうして悔い改めるのかと私たちにとって理解不能なところです。ただこの箇所全体をみてみると、イスラエルは神を中心とする神政国家としてふさわしくない問題があった様です。それは王であるダビデが罪を犯しダビデが罰せられる、という形をとりました。主がダビデを動かされダビデは人口調査を思いつく。しかしそれが罪への誘いであると気づかない。

ダビデが良心の咎めを覚えたのは130万の兵を得て、その頂点に立つ自信と満足を覚えた時です。人間の頭数で自分は大丈夫と思うなら、それは神を信頼しなくても自分はやっていける、と考える事です。自分のそういう心に気づかされて、ダビデは悔い改めと神への信頼を新たにしました。

ダビデだけでなく自分の状態は自分ではなかなかわかりません。日々の生活で神から教えられ悔い改めて、主を新たに信頼していけるなら、これに勝る神様の恵みはありません。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール803関連ページ

御言葉メール850
御言葉メール850 2016年9月24日(記:辻嵐桂子) 「高ぶりが来れば、恥もまた来る。 知恵はへりくだる者 […]
御言葉メール849
御言葉メール849 2016年9月17日(記:斉藤文子) 「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことを […]
御言葉メール848
御言葉メール848 2016年9月11日(記:辻嵐桂子) 「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪を […]
御言葉メール847
御言葉メール847 2016年9月3日(記:斉藤文子) 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、 […]
御言葉メール846
御言葉メール846 2016年8月27日(記:辻嵐桂子) 「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知 […]
御言葉メール845
御言葉メール845 2016年8月20日(記:斉藤文子) 「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼 […]
御言葉メール844
御言葉メール844 2016年8月13日(記:辻嵐桂子) 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見 […]
御言葉メール843
御言葉メール843 2016年8月6日(記:斉藤文子) 「王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。 […]
御言葉メール842
御言葉メール842 2016年7月30日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降る […]
御言葉メール841
御言葉メール841 2016年7月23日(記:斉藤文子) 「そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った […]