金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール816

投稿日:

御言葉メール816

2016年1月30日(記:辻嵐桂子)

「人々は、その教えに驚いた。その言葉に権威があったからである。」(ルカの福音書4章32節)

ガリラヤで宣教を開始したイエスは、当時の宗教指導者たちがしたように、安息日には会堂で人々を教えられ、人々はその教えに驚嘆した。
マタイの福音書の平行記事には「イエスが、律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように教えられたからである。」と記されている。

当時の律法学者たちは、神のお言葉そのものよりも、先祖たちの言い伝えや人間の便宜を重んじ、常にイエスと対立した。
イエスの言葉には実行力が伴っていた。。お言葉によって悪霊を追い出し、熱をしかりつけ病を癒し、時には風をしかりつけ嵐を静められた。
「光よあれ。」すると光があった(創世記1章3節)
イエスの言葉は、創造者である神のお言葉と等しい権威を持っていた。

今日私たちは聖書に書かれた御言葉に同様の権威を認め、また意識しているだろうか。ここに書かれた御言葉はすべて実現すると信じ、またそにように生きているだろうか。
ともすれば日常のあれやこれやに振り回され、人の便宜ばかりを優先してしまっている自分がいる。
しかし、御言葉にこそ力があり、私を生かしてくださるものだということうを常に覚え、御言葉に耳を傾けていきたい。

「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの言葉による。」(マタイの福音書4章4節)

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.