御言葉メール818

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール818

2016年2月13日(記:辻嵐桂子)

「主よ。深い淵から、私はあなたを呼び求めます。」(詩篇130篇1節)

「深い淵」とは、どういう状況を言うのだろう?
私たちは人生において様々な苦難を経験する。病や死別、いや、日常の些細な営みの中でも、思い通りに行かないことが続けば気分が落ち込み、虚無感、時には絶望感さえ抱くこともある。
祈りが聞かれない。クリスチャンにとって最も深い淵は、神に見捨てられたと感じてしまう時ではないだろうか。

この詩篇はバビロン捕囚後に書かれたもので、国家の滅亡に伴うあらゆる苦難が前提にあったと思われる。かつての繁栄は見る影もなく、あるのは荒廃と敵意と嘲り。まさに、神に見捨てられたと思えるような状況であった。

イスラエルの場合、苦難の原因は明らかであった。それは紛れもなく神に背き、神の御言葉を軽んじた、先祖たちの罪の結果であった。
それ故作者は、民族の犯した罪を自らが犯した罪として告白し、悔い改め、ひたすら主の救いを待ち望む。また、神の赦しを確信するが故に、贖いの約束を信じ忍耐して待つよう、神の民にも呼ばわるのである。

私たちの苦難の場合、その原因が直接どの罪によるものかわからないことも多い。しかし、絶望に沈む時、私たちは大抵神を信頼することを忘れている。
かつて誰よりも深い、深い淵から、神に叫ばれたお方が(マタイ27:46)、私たちの確かな贖いとなって、そして蘇って下さった。

「イスラエルよ。(クリスチャンよ。)
主を待て。
主には恵みがあり、豊かな贖いがある。」(詩篇130篇7節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール818関連ページ

御言葉メール850
御言葉メール850 2016年9月24日(記:辻嵐桂子) 「高ぶりが来れば、恥もまた来る。 知恵はへりくだる者 […]
御言葉メール849
御言葉メール849 2016年9月17日(記:斉藤文子) 「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことを […]
御言葉メール848
御言葉メール848 2016年9月11日(記:辻嵐桂子) 「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪を […]
御言葉メール847
御言葉メール847 2016年9月3日(記:斉藤文子) 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、 […]
御言葉メール846
御言葉メール846 2016年8月27日(記:辻嵐桂子) 「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知 […]
御言葉メール845
御言葉メール845 2016年8月20日(記:斉藤文子) 「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼 […]
御言葉メール844
御言葉メール844 2016年8月13日(記:辻嵐桂子) 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見 […]
御言葉メール843
御言葉メール843 2016年8月6日(記:斉藤文子) 「王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。 […]
御言葉メール842
御言葉メール842 2016年7月30日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降る […]
御言葉メール841
御言葉メール841 2016年7月23日(記:斉藤文子) 「そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った […]