御言葉メール830

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール830

2016年5月7日(記:辻嵐桂子)

「ハレルヤ。神の聖所で、神をほめたたえよ。
御力の大空で、神をほめたたえよ。」(詩篇150篇1節)

個々の詩篇のテーマはさまざまであるが、その多くは「嘆きのうた」である。著者たちが、苦難の中で自らの嘆きを注ぎ出し、神に訴え歌ったものだ。
だが、詩篇全体は「テヒリーム」(「たたえ」を意味するヘブル語の複数型) で呼ばれる。それは、嘆きの中でさえ、神は神としてたたえられるべきお方であり、必ずや訴えに報いて下さるお方であるとの信仰が土台にあるからである。

この最後の詩篇である150篇は、「たたえ」に満ちている。あらゆる楽器が用いられ、天にも届けとばかりにうたわれるたたえのうたは、まさに詩篇全体を締めくくるにふさわしい頌栄である。

私たちも人生において、数々の局面に遭遇する。喜び感謝する日もあれば、苦しみ悩む時もある。時には神に呟き、あるいは憤慨し、不信仰に陥ることさえある。
しかし、天地の創造主である神に私たちは選ばれ、その奇しいみわざによって贖われたのである。この神の啓示を持つ限り、私たちはどのような経験を通しても、最期には神をほめたたえるようにと導かれるのだろう。それが神が私たちを造られ、贖われた目的なのだから。

「みこころによりご計画のままをみな行う方の目的に従って、私たちはあらかじめこのように定められていたのです。それは、前からキリストに望みを置いていた私たちが、神の栄光をほめたたえるためです。」(エペソ人への手紙1章11ー12節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール830関連ページ

御言葉メール850
御言葉メール850 2016年9月24日(記:辻嵐桂子) 「高ぶりが来れば、恥もまた来る。 知恵はへりくだる者 […]
御言葉メール849
御言葉メール849 2016年9月17日(記:斉藤文子) 「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことを […]
御言葉メール848
御言葉メール848 2016年9月11日(記:辻嵐桂子) 「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪を […]
御言葉メール847
御言葉メール847 2016年9月3日(記:斉藤文子) 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、 […]
御言葉メール846
御言葉メール846 2016年8月27日(記:辻嵐桂子) 「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知 […]
御言葉メール845
御言葉メール845 2016年8月20日(記:斉藤文子) 「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼 […]
御言葉メール844
御言葉メール844 2016年8月13日(記:辻嵐桂子) 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見 […]
御言葉メール843
御言葉メール843 2016年8月6日(記:斉藤文子) 「王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。 […]
御言葉メール842
御言葉メール842 2016年7月30日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降る […]
御言葉メール841
御言葉メール841 2016年7月23日(記:斉藤文子) 「そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った […]