金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール832

投稿日:

御言葉メール832

2016年5月21日(記:辻嵐桂子)

「主を恐れることは知識の初めである。
愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。」(箴言1章7節)

「箴言」とは「ことわざ」とか「格言」という意味で、賢者が人間、または自然界を観察し、得た知恵や知識に基づく道徳的、あるいは霊的真理を、簡潔な言葉で語ったものである。
旧約聖書の「箴言」も、格言や訓戒が韻律を持った詩の形で配列されている。
しかしそれは、単なる人間的な、道徳的教訓の集積ではない。

上記のみ言葉は、この書の中心テーマと言える。主を恐れるとは、創造者である神の主権を認め、そのみ前にひれ伏すことである。ここで言う知識とは、神についての知識である(箴言2章5節参照)。
また、愚か者とは、知能が低い者という意味でなく、主を知ろうとしない者のことである。

「わたしの民は愚か者で、わたしを知らない。彼らは、ばかな子らで、彼らは悟りがない。
彼らは悪事を行うのに賢くて、善を行うことを知らない。」(エレミヤ書4章22節)

私たちには罪があるので、神の啓示無しには確かな善悪の基準を持ち得ないし、また、善を行う力もない。
まずは神を知り、己れの真実をわきまえ、神のみ前に身を屈めてその訓戒に耳を傾けること、それが人が人として正しく生きるための出発点であると、聖書は教えるのである。

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.