御言葉メール840

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール840

2016年7月16日(記:辻嵐桂子)

「彼はほふり場に引かれる牛のように、愚か者を懲らしめるための足かせのように、ただちに女につき従い、
ついには、矢が肝を射通し、鳥がわなに飛び込むように、自分のいのちがかかっているのを知らない。」
(箴言7章22ー23節)

箴言には様々な訓戒や具体的警告があるが、その中でも数々の不倫、不貞に関する警告が目につく。それは、人が最も陥り易い罪のひとつだからかも知れない。

このところでは、人妻が遊女を装い、甘い言葉で若い男を誘う様が、克明に描写されている。誘惑に負けて女の意のままにされる愚かな若者が、屠殺場に引かれて行く牛に重ねられている。彼は抵抗も出来ず、逃れることも出来ない。その先に待つのは破滅である。

「あなたの道を彼女から遠ざけ、その家の門に近づくな。」(5章8節)

私たちが破滅の道に迷い込まないため、私たちを守るのは、やはり神の御言葉である。

このような誘惑は、殆どのクリスチャンには無縁のものと思われるかも知れない。
しかし現実には男女を問わず、このような問題が世の中には溢れている。
しかも誘惑はいつも狡猾で、魅惑的なものである。
だから、私たちはこの訓戒を私たち自身の心に刻み、また、年長者として若い世代にも伝えていかなければならないと思うのだ。

「わが子よ。私のことばを守り、私の命令をあなたのうちにたくわえよ。
私の命令を守って、生きよ。
私のおしえを、あなたのひとみのように守れ。」(箴言7章1ー2節)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール840関連ページ

御言葉メール850
御言葉メール850 2016年9月24日(記:辻嵐桂子) 「高ぶりが来れば、恥もまた来る。 知恵はへりくだる者 […]
御言葉メール849
御言葉メール849 2016年9月17日(記:斉藤文子) 「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことを […]
御言葉メール848
御言葉メール848 2016年9月11日(記:辻嵐桂子) 「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪を […]
御言葉メール847
御言葉メール847 2016年9月3日(記:斉藤文子) 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、 […]
御言葉メール846
御言葉メール846 2016年8月27日(記:辻嵐桂子) 「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知 […]
御言葉メール845
御言葉メール845 2016年8月20日(記:斉藤文子) 「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼 […]
御言葉メール844
御言葉メール844 2016年8月13日(記:辻嵐桂子) 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見 […]
御言葉メール843
御言葉メール843 2016年8月6日(記:斉藤文子) 「王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。 […]
御言葉メール842
御言葉メール842 2016年7月30日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降る […]
御言葉メール841
御言葉メール841 2016年7月23日(記:斉藤文子) 「そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った […]