金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール842

投稿日:

御言葉メール842

2016年7月30日(記:辻嵐桂子)

「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。」(出エジプト記16章4節)

モーセに率いられエジプトを脱出したイスラエルの民は、紅海を渡ってシナイ半島にやって来た。そこは水も食べ物もない荒野であった。神は不思議な方法で民に水を与え、また、天からのパン(それはマナと呼ばれた)で民を養った。

マナは不思議な食べ物であった。露が上がると一面に降りて、日が上がると溶けてなくなった。
民は毎朝その日の分を、定められた量だけ人数に従って集めた。多く集めた者も余ることはなく、少なく集めた者も足りないことはなっかった。それらは量ると同じであった。
また、マナを翌朝までとっておくことは禁じられた。命令に背いてとっておいたものは虫がわき、臭くなっていた。
しかし、6日目はいつもの2倍の量のマナを集めるように命じられた。7日目は聖なる安息の日なので働くことを禁じられた。とっておいたマナは臭くもならず、食すことができた。
ある者が7日目に取りに出ても、何も見つけることが出来なかった。

このようにして神はイスラエルの民を養い、また、民が心から神を信頼し、忠実に歩むかどうかを試された。

私たちの日毎の糧も、決して超自然的な方法ではないかもしれないが、それは神から与えられたものである。
神は私たちの必要を全て知り、余ることも足りないこともないよう恵んで下さっている。
そのことに心から信頼し、日毎感謝を捧げ、神の御言葉に忠実に歩んでいるかどうか、私たちもまた、問われるのである。

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.