御言葉メール845

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール845

2016年8月20日(記:斉藤文子)

「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼とその民に仕えて生きよ。」(エレミヤ27の12)

ユダ王国がバビロンに攻められている時、国内ではユダ王国最後の王ゼデキヤを取り巻く偽預言者達と、神の預言者エレミヤがいました。偽預言者ハナヌヤは、バビロンが攻めてくることは決して無いと言い、王も民もその言葉を信用していました。

しかし神の預言者エレミヤは違った。バビロンにユダが滅ぼされることは神のみこころでした。ですから冒頭のみことばにある様に、バビロンの王とその民に仕えて生きよ、というのです。しかし自分の国が滅びる事を願う王も民もいません。エレミヤは神のみこころを語れば語るほど、過酷な迫害の中に生きざるを得なくなっていきます。私達は自分の願いが叶い、自分の心が平安になる事を願って、神に祈り訴えます。苦しみが取り去られることを願います。

その様に祈れることは大きな恵みです。しかしその祈りの中で、私達は神のみこころがどこにあっても、神に従う備えもさせられているのではないでしょうか。その時、主のみこころなら、どんなに辛い現実も、神の哀れみと希望の約束があることに目を向ける、力が与えられるのではないでしょうか。ユダ王国にとってバビロン王に仕える事は主に仕えることでした。その状況の中で主を見上げる事こそ希望と救いそのものだったのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール845関連ページ

御言葉メール850
御言葉メール850 2016年9月24日(記:辻嵐桂子) 「高ぶりが来れば、恥もまた来る。 知恵はへりくだる者 […]
御言葉メール849
御言葉メール849 2016年9月17日(記:斉藤文子) 「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことを […]
御言葉メール848
御言葉メール848 2016年9月11日(記:辻嵐桂子) 「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪を […]
御言葉メール847
御言葉メール847 2016年9月3日(記:斉藤文子) 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、 […]
御言葉メール846
御言葉メール846 2016年8月27日(記:辻嵐桂子) 「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知 […]
御言葉メール844
御言葉メール844 2016年8月13日(記:辻嵐桂子) 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見 […]
御言葉メール843
御言葉メール843 2016年8月6日(記:斉藤文子) 「王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。 […]
御言葉メール842
御言葉メール842 2016年7月30日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降る […]
御言葉メール841
御言葉メール841 2016年7月23日(記:斉藤文子) 「そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った […]
御言葉メール840
御言葉メール840 2016年7月16日(記:辻嵐桂子) 「彼はほふり場に引かれる牛のように、愚か者を懲らしめ […]