金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール846

投稿日:

御言葉メール846

2016年8月27日(記:辻嵐桂子)

「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知識と思慮がある。
わたしを愛する者を、わたしは愛する。わた­しを熱心に捜す者は、わたしを見つける。」(­箴言8章12節、17節)

「箴言」は知恵を主題とした書である。1章2­­節にあるように「知恵と訓戒とを学び、悟り­の­ことばを理解するため」に書かれた。
しかしこの箇所では、「知恵」そのものが上­­記のように呼ばわっている。 この擬人化さ­れ­た「知恵」は、昔からキリストを指すもの­と理­解されてきた。
22ー31節では天地創造以前から「知恵」­­が存在し、神の創造のわざに関与しているこ­と­が述べられている。これは、新約聖書にお­ける­キリストについての言及と一致する(ヨ­ハネ1­:1ー3、コロサイ1:15ー17等­参照)。
Ⅰコリント1章24節では「キリストは神の­­力、神の知恵なのです。」と、キリストと神­の­知恵が同一であることを示唆している。

ここでは、「知恵」を見いだす者はいのちを­­見いだし、主から恵みをいただくと言われてい­­る(35節)。

私たちが神の恵みを享受し、神の御前に正しく­­歩み、永遠のいのちを得るために、切に追い­求­めるべき神の知恵は、人となられたイエス・キ­リス­トのうちに具現化されている。イエスを知り、信じることが、神の知恵を得る道なのである。

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.