金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール849

投稿日:

御言葉メール849

2016年9月17日(記:斉藤文子)

「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことをしたあとで、私に帰って来るだろうと思ったのに、帰らなかった。」(エレミヤ3の7)

聖書は神の愛について語ります。イエスキリストの十字架は、神の愛が最もよく集約され現れているところです。そのイエスの十字架の贖いを計画される神の愛は、旧約聖書にあますところなく書かれています。

預言者エレミヤは、神の愛と誠実さに背を向け裏切るイスラエルの民を、なおも誠実を尽くして愛し続けられる神を提示するのです。奴隷の地エジプトからイスラエルを救出し、愛と信頼に基づく契約を結び、豊かなカナンの地に導かれた神。その愛と恵みに対してイスラエルは何をしたか。イスラエルは神と契約を無視して反逆し、異教の神々を拝み、自分の欲望のままに生活する。困ったことが起きると、「私達を救ってください」と恥ずかしげも無く言う。

人間なら怒りのあまり、見限り、無視し、関係を絶ちきってせいせいするところです。しかし神は決して見捨てられない。神の恵みを思い出させ、訓戒し、説得し懲らしめ裁かれる。裁かれるのは見捨てるためではありません。神の元に帰ってくるのを待っておられるのです。残念ですが私はこのような愛を理解することさえできない。哀れみの神が心の目を開いてくださって、今、受けている愛がどの様に偉大なものであるかを、ますます悟らせてくださいます様に。

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.