御言葉メール850

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール850

2016年9月24日(記:辻嵐桂子)

「高ぶりが来れば、恥もまた来る。
知恵はへりくだる者とともにある。」(箴言11章2節)

イエスがパリサイ人の指導者の家に招かれた時、他の招待客たちが上座を選んでいる様を見てなさったたとえ話を思い出す。
「招かれるようなことがあって、行ったなら、末席に着きなさい。そうしたら、ー(中略)満座の中で面目を施すことになります。」(ルカの福音書14章7ー11節)

当時のパリサイ人たちは、あからさまに上座を好んだようである。また、前後の記事からは、貧しい者や不具者への蔑みが見てとれる。
彼らは広場で挨拶されたり、人から先生と呼ばれるのが好きで(マタイ23:7)、人に見せるために敬虔さを演出した(マタイ6:16)。彼らの偽善をイエスは、「白く塗った墓」と表現された(マタイ23:27)。

日本人はおかしなもので、はじめから末席を選ぶ傾向がある。後で恥をかかないため、もっと言うと、「上座へどうぞ」と人に言われるため。
高ぶりは誰の心にもある。自分では謙遜しても、人から蔑まれるのは我慢できないものである。

キリストの救いを必要としないのも、日々の生活で神に頼らないのも、また人の高ぶりである。
神の御前にへりくだることなしに、本当の意味で人に対して謙遜になることは難しいであろう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール850関連ページ

御言葉メール849
御言葉メール849 2016年9月17日(記:斉藤文子) 「わたしは、彼女(イスラエル)がすべてこれらのことを […]
御言葉メール848
御言葉メール848 2016年9月11日(記:辻嵐桂子) 「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪を […]
御言葉メール847
御言葉メール847 2016年9月3日(記:斉藤文子) 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、 […]
御言葉メール846
御言葉メール846 2016年8月27日(記:辻嵐桂子) 「知恵であるわたしは分別を住みかとする。そ­こには知 […]
御言葉メール845
御言葉メール845 2016年8月20日(記:斉藤文子) 「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼 […]
御言葉メール844
御言葉メール844 2016年8月13日(記:辻嵐桂子) 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見 […]
御言葉メール843
御言葉メール843 2016年8月6日(記:斉藤文子) 「王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。 […]
御言葉メール842
御言葉メール842 2016年7月30日(記:辻嵐桂子) 「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降る […]
御言葉メール841
御言葉メール841 2016年7月23日(記:斉藤文子) 「そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った […]
御言葉メール840
御言葉メール840 2016年7月16日(記:辻嵐桂子) 「彼はほふり場に引かれる牛のように、愚か者を懲らしめ […]