金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール851

投稿日:

御言葉メール851

2016年10月1日(記:斉藤文子)

「愚かで思慮のない民よ。彼らは、目があっても見えず、耳があっても聞こえない」(エレミヤ5の21)

私は人の話を聞く事が、なかなかできない人間なのだな、と今更にして思います。人が何を考えているのか、何を望んでいるのか、何をしようと思っているのか。それらを自分の先入観を持たずに聞くことが難しい。それは神のことばを聞く、という姿勢に最もよくあらわれてきます。

神が、目があっても見えず耳があっても聞こえない、と言われるみことばは、自分にとって本当にそうだと思わせられるのです。見ていても自分の見たいものしか見ていない。聞いていても自分の聞きたいものしか聞いていない。そうすると本当に神が、私達に伝えようとされている事がわからない。イスラエルはまさに、その様な状態の中にどっぷりつかっていました。神でないものを拝み、そこから立ち帰る様に、という神の勧めを聞く事もなく、裁きとしてバビロン捕囚されるという宣告を信じる事もなく、その日を迎える。

そして、「何故、神は我々をこんな目に遭わせるのか」と言う。しかし、どこまでも愚かな民を愛し約束を守られる神は、更に70年後に捕囚から解放する、という回復の約束をされるのです。神のことばは、どんな辛い現実もそれで終わらない、希望があります。私達はこの神のことばに、目と耳と心が開かれて、最悪と思われる時にも希望を見出す者となります様に。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.