御言葉メール851

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール851

2016年10月1日(記:斉藤文子)

「愚かで思慮のない民よ。彼らは、目があっても見えず、耳があっても聞こえない」(エレミヤ5の21)

私は人の話を聞く事が、なかなかできない人間なのだな、と今更にして思います。人が何を考えているのか、何を望んでいるのか、何をしようと思っているのか。それらを自分の先入観を持たずに聞くことが難しい。それは神のことばを聞く、という姿勢に最もよくあらわれてきます。

神が、目があっても見えず耳があっても聞こえない、と言われるみことばは、自分にとって本当にそうだと思わせられるのです。見ていても自分の見たいものしか見ていない。聞いていても自分の聞きたいものしか聞いていない。そうすると本当に神が、私達に伝えようとされている事がわからない。イスラエルはまさに、その様な状態の中にどっぷりつかっていました。神でないものを拝み、そこから立ち帰る様に、という神の勧めを聞く事もなく、裁きとしてバビロン捕囚されるという宣告を信じる事もなく、その日を迎える。

そして、「何故、神は我々をこんな目に遭わせるのか」と言う。しかし、どこまでも愚かな民を愛し約束を守られる神は、更に70年後に捕囚から解放する、という回復の約束をされるのです。神のことばは、どんな辛い現実もそれで終わらない、希望があります。私達はこの神のことばに、目と耳と心が開かれて、最悪と思われる時にも希望を見出す者となります様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール851関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール892
御言葉メール892 2017年7月15日(記:辻嵐桂子) 先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モー […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]