御言葉メール853

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール853

2016年10月15日(記:斉藤文子)

「倒れたら、起き上がらないのだろうか。背信者となったら、悔い改めないだろうか。なぜ、この民イスラエルは、背信者となり、背信を続けているのか。」(エレミヤ8の4、5)

聖書の言葉は、私達に命令形で語りかけます。喜びなさい、愛しなさい、等と。以前、私はそれができない自分に悩みました。キリストを信じた者は、聖書の教えが実行できなければいけないと思っていたからです。

それができなければ、クリスチャンではないと勝手に思い込んでいました。後になって、喜びも愛も自分の感情の同化というより、意志的な部分で捉えていかなければならないと教えられました。それは私にとって大きな慰めとなりました。人間は本来、神も人も愛する事などできない。その様な人間になお、喜び愛する事を命令される神は、キリストが私に成して下さった事を喜べる様に、またキリストが私を愛してくださった様に、本来、愛せない者だけど愛する事を求めて生きる様に教えられた。

即ち命令形で書かれているのは、それができなければダメだと断罪するためではありません。何を求めていかなければならないか、という揺るぎない目標です。この絶対的な目標は、私達の日常の思いを点検せずにはおれない。幸いなことに私達の神は、自分を正しいと考える者ではなく、自分は倒れる者であり背信する者だけど、そこから悔い改め起き上がる者を喜んでくださる神なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール853関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール892
御言葉メール892 2017年7月15日(記:辻嵐桂子) 先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モー […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]