金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール853

投稿日:

御言葉メール853

2016年10月15日(記:斉藤文子)

「倒れたら、起き上がらないのだろうか。背信者となったら、悔い改めないだろうか。なぜ、この民イスラエルは、背信者となり、背信を続けているのか。」(エレミヤ8の4、5)

聖書の言葉は、私達に命令形で語りかけます。喜びなさい、愛しなさい、等と。以前、私はそれができない自分に悩みました。キリストを信じた者は、聖書の教えが実行できなければいけないと思っていたからです。

それができなければ、クリスチャンではないと勝手に思い込んでいました。後になって、喜びも愛も自分の感情の同化というより、意志的な部分で捉えていかなければならないと教えられました。それは私にとって大きな慰めとなりました。人間は本来、神も人も愛する事などできない。その様な人間になお、喜び愛する事を命令される神は、キリストが私に成して下さった事を喜べる様に、またキリストが私を愛してくださった様に、本来、愛せない者だけど愛する事を求めて生きる様に教えられた。

即ち命令形で書かれているのは、それができなければダメだと断罪するためではありません。何を求めていかなければならないか、という揺るぎない目標です。この絶対的な目標は、私達の日常の思いを点検せずにはおれない。幸いなことに私達の神は、自分を正しいと考える者ではなく、自分は倒れる者であり背信する者だけど、そこから悔い改め起き上がる者を喜んでくださる神なのです。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.