金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール862

投稿日:

御言葉メール862

2016年12月17日(記:辻嵐桂子)

「すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。
この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。」(ヨハネの福音書1章9ー10節)

ヨハネの福音書には、マタイやルカに見られるような、いわゆる降誕物語は記されていない。
しかしその冒頭には、イエス・キリストの誕生の意味、その真理が如実に証しされている。
すなわち、クリスマスのメッセージがここに凝縮されているのである。

はじめから存在し、創造者でもある偉大な神が、私たちと同じような人となって世に来られた。
しかし世はこの方を知らなかった。
旧約の時代から、救い主の誕生を知らされてきたユダヤ人たちまでが、この方を拒み、遂には十字架につけたのである。
だがキリストはまさに、そのために卑しい姿をとって来られたのである。

罪によってまことの神を見失った世は闇にたとえられる。
キリストは光として世に来られた。神を説き明かすため、また、すべての闇のわざが明るみに出されるためである。
私たちが闇にとどまることはない。
その尊い血をもって私たちの罪を贖ってくださった神は、私たちを暗闇の圧制から救い出し、御子の栄光のご支配の中に移してくださったからである。

「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」(ヨハネの福音書1章12節)

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.