金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール863

投稿日:

御言葉メール863

2016年12月26日(記:斉藤文子)

「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」(ヨハネ1の4)

クリスマスの時期、皆様、どの様にお過ごしになられたでしょうか。教会暦でみると、クリスマスシーズンは12月25日で終わるのではなく1月8日まで続きます。闇の心に光が来る。クリスマスは自分の心の闇を知る者にとって、その闇が照らされ、そこにある罪が明らかにされながら、全くその罪がないものの様にみてくださる方が、人間の歴史に介入してくださったことを祝う日です。

クリスマスを心深く喜べるのは、自分ではどうしようもない心の闇を知る者にほかなりません。そこに落胆と絶望で終わらない、希望の始まりがあります。このクリスマスの主を、人間の闇である罪を赦す方として受け入れる時、人は辛くても自分の闇を直視することができる様にされるのです。

自分の罪に悲しむ辛さが、主なる神の赦しをただただ受け入れる時、その心には、人や周りが与えることのできない平和が実現する。クリスマスの主を受け入れている人全てに、この平和があります様に。この平和がキリストなる神を求めるほどに、満ち溢れますように。罪の残滓と弱さの戦いの外なる人は傷つき敗れていても、内なる平和は決してなくなる事はありません。その平和は神が与えられるものだからです。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.