御言葉メール863

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール863

2016年12月26日(記:斉藤文子)

「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」(ヨハネ1の4)

クリスマスの時期、皆様、どの様にお過ごしになられたでしょうか。教会暦でみると、クリスマスシーズンは12月25日で終わるのではなく1月8日まで続きます。闇の心に光が来る。クリスマスは自分の心の闇を知る者にとって、その闇が照らされ、そこにある罪が明らかにされながら、全くその罪がないものの様にみてくださる方が、人間の歴史に介入してくださったことを祝う日です。

クリスマスを心深く喜べるのは、自分ではどうしようもない心の闇を知る者にほかなりません。そこに落胆と絶望で終わらない、希望の始まりがあります。このクリスマスの主を、人間の闇である罪を赦す方として受け入れる時、人は辛くても自分の闇を直視することができる様にされるのです。

自分の罪に悲しむ辛さが、主なる神の赦しをただただ受け入れる時、その心には、人や周りが与えることのできない平和が実現する。クリスマスの主を受け入れている人全てに、この平和があります様に。この平和がキリストなる神を求めるほどに、満ち溢れますように。罪の残滓と弱さの戦いの外なる人は傷つき敗れていても、内なる平和は決してなくなる事はありません。その平和は神が与えられるものだからです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール863関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール892
御言葉メール892 2017年7月15日(記:辻嵐桂子) 先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モー […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]