御言葉メール868

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール868

2017年1月28日(記:辻嵐桂子)

「王の心は主の手の中にあって、水の流れのようだ。
みこころのままに向きを変えられる。」(箴言21章1節)

古代、王の権力は絶大であった。民主主義など存在しない時代である。王の決定が国を動かし、家臣は、理不尽な命令であっても従わなければならなかった。
王の気分によって生き死にが左右されることさえあった。箴言には「王の怒りは若獅子がうなるよう」「怒らせればいのちを失う」と繰り返し述べられている(19章22節、20章2節)。

しかし、農夫が畑の水路の向きを自由に変えられるように、王の心も、「王の王」である主の御手の中にあって、みこころのままに方向を変えられる。
どんな怒りも静め、不正を思い直させることがお出来になる。

人に恐れを抱くことがある。上司であったり、為政者であったり、或いは、もっと身近な人であっても、周囲に影響力があったり、自分の進路や人生を左右するような人物であればなおさらである。
しかし、どんなに権威がある人物でも、その心を動かし、決断を導かれる神がおられる。
この御言葉は、人への恐れから私を開放し、言いようもない不安感を取り除いてくれるのである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール868関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール892
御言葉メール892 2017年7月15日(記:辻嵐桂子) 先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モー […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]