金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール871

投稿日:

御言葉メール871

2017年2月18日(記:斉藤文子)

「わたしは近くにいれば、神なのか。ー主の御告げー遠くにいれば、神ではないのか。人が隠れた所に身を隠したら、わたしは彼を見ることができないのか。ー主の御告げー天にも地にも、わたしは満ちているではないか。ー主の御告げ。ー」(エレミヤ23の23~24)

日本人は神社仏閣、また家の仏壇等に手を合わせます。礼拝行為の時、目の前に神々の像が置いてあると、人間は手を合わせやすくなります。また、そういう像が何もないよりも、その神々をとても近くに感じるのも事実でしょう。

イスラエルが住んでいたカナンの地の神々、バアルやアシェラ等もそうでした。特にバアルは農作物の豊穣をもたらす神として、地域に深く根ざし、カナンの神々の聖所と結びついていました。地域と自分達に豊かさをもたらしてくれる神々は、ひたすら地域限定の神々です。

しかし「遠く」という言葉であらわされる聖書の神は、被造物を超越している。限りなく高きところにいます聖なる神です。それでありながら、天にも地にも満ちている神である。この神から逃れる場所はこの世界には存在しません。という事は、この世界の全てに満ちて存在される神であるから、この神こそ、私達のすぐ近くにおられる神なのです。私達の見えない心の罪と汚れを知りそれを赦し、私達がどこにいても共にいてくださる。見えないけれども、聖書のことばを通して私達はそれを確信するのです。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.