御言葉メール871

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール871

2017年2月18日(記:斉藤文子)

「わたしは近くにいれば、神なのか。ー主の御告げー遠くにいれば、神ではないのか。人が隠れた所に身を隠したら、わたしは彼を見ることができないのか。ー主の御告げー天にも地にも、わたしは満ちているではないか。ー主の御告げ。ー」(エレミヤ23の23~24)

日本人は神社仏閣、また家の仏壇等に手を合わせます。礼拝行為の時、目の前に神々の像が置いてあると、人間は手を合わせやすくなります。また、そういう像が何もないよりも、その神々をとても近くに感じるのも事実でしょう。

イスラエルが住んでいたカナンの地の神々、バアルやアシェラ等もそうでした。特にバアルは農作物の豊穣をもたらす神として、地域に深く根ざし、カナンの神々の聖所と結びついていました。地域と自分達に豊かさをもたらしてくれる神々は、ひたすら地域限定の神々です。

しかし「遠く」という言葉であらわされる聖書の神は、被造物を超越している。限りなく高きところにいます聖なる神です。それでありながら、天にも地にも満ちている神である。この神から逃れる場所はこの世界には存在しません。という事は、この世界の全てに満ちて存在される神であるから、この神こそ、私達のすぐ近くにおられる神なのです。私達の見えない心の罪と汚れを知りそれを赦し、私達がどこにいても共にいてくださる。見えないけれども、聖書のことばを通して私達はそれを確信するのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール871関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール892
御言葉メール892 2017年7月15日(記:辻嵐桂子) 先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モー […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]