金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール874

投稿日:

御言葉メール874

2017年3月11日(記:辻嵐桂子)

「不信実と偽りとを私から遠ざけてください。
貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。
私が食べ飽きて、あなたを否み、『主とはだれだ』と言わないために。
また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。」(箴言30章7ー9節)

上記の御言葉は、格言や訓戒が列なるこの書簡の中で、恐らく唯一の祈りの言葉となっている。著者はここで二つのことを願っている。
「不信実」は「むなしいもの」とも訳せる言葉で、これまで見てきた箴言の中で人を罪に誘うあらゆるもの(快楽や虚栄など)を指すのかもしれない。
「偽り」も人を欺き陥れるものとして再三注意が促されている。

また、「貧しさ」と「富」が、罪を犯させる要因となりうるというのだ。
確かに、不足は不平を生み、むさぼりを起こさせる。富はしばしば人を傲慢にし、神に頼ることを忘れさせる。

箴言の多くの箇所には、誘惑に惹かれて行く愚か者の姿や、悪をむさぼる罪人の姿が、あたかも風刺画のように滑稽に描写され、その末路が滅びであることを教えている。
そのような罪に陥らないための知恵は、己を頼みとせず、神に頼れということに尽きる。

だが、誘惑は狡猾で、罪に陥り易い自分の弱さ、罪の性質を覚える時に、戒めの言葉に目を向け続けると同時に、罪を犯しうるあらゆる状況と要因を自分から遠ざけ、罪を犯さないように守って下さいと、この箴言の著者と同様に、私も切に神に願うのである。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.